ブログ

ステップ2!「仕事ができない…」どんな仕事もうまくできず、 どん底だった私がやった、たった1つのこと!

前回の「ステップ1!どんな仕事もうまくできなかった私がやった、
たった1つのこと!」

はもう読んでいただけたでしょうか?

そして、ちゃんと書いてあることは実行できましたでしょうか?

今の時点でできていること、できていないことがはっきりしたら、

次のステップです!

その前に!!!

読み飛ばして、実行もせずに知識だけ集めようとしていませんか?!

そんな方は

”当てはまる方は危険!あなたは
「変わりたい」と思いながら、いつまで現状維持する?”

を絶対に見てください!!!

できた人は次のステップをお話ししますね!

「あなたの仕事は何ですか?」

できていないことが挙げられたら、

次はそのできないことを一つ一つできるようにしていけば

良いだけの話なのですが、

ここで要注意!!!!

あなたは、

やらなくてもいい仕事までやろうとしていませんか?

あなたが今できていることや、これからできるようにしようと思っていることは

本当にあなたがやるべきことですか??

「あなたの役割は何でしょうか?」

これは筆者が本当によく引っかかっていた問題でした。

看護師時代の話でいうと、

よく看護師の仕事以外のことを頼まれていました。

例えば、介護士さんや掃除の方、事務員さんがやるような仕事です。

自分の仕事ができていて、手伝うのであれば全く問題はないし、

本来はそうやって協力し合いながら仕事をするものだと思います。

しかし、筆者は強烈に看護業務に自信がなく、できなかったので、

他の仕事で埋めようと、関係のない仕事ばかり引き受けて

結局自分の仕事が終わらない、という状況でした。

そのことが、「自分の仕事ができていないのに人の手伝いなんて。」

と周りの反感を買う1つの大きな理由でした。

この例で伝えたかったことは、

あなたがいまできると思っていることも、

これからできるようにしようと思っていることも、

まずは自分の役割をしっかりと認識してから!!!

ということです!

働いている以上、それぞれの役割というものがちゃんと存在しているはずです。

出来ていることの中で、

これは本当に自分の仕事なのか。

これからできるようにしようとしていることは、

ちゃんと自分の役割に合ったことなのか。

「何故これを伝える必要があるのか?」

筆者の今までの仕事を振り返ってみると、

自分の役割をわかっていないことが原因で
苦しんでいる方が本当に多かったからです!

一見仕事ができるように見える人でも、

「それはあなたの仕事ではないよね」

ということまで引き受けて、

残業してしまっているのです。

もう一度おさらいですが、

なんでもかんでも自分で抱え込んではいけません。

そうしてしまうと、色んな事にエネルギーが分散してしまい、

本来自分がやるべきことまでできなくなってしまうからです。

「これができるようになると…」

ここからはまた筆者のその後の体験談になるのですが、

筆者は、この

「今の自分ができること/できないこと」

「自分のやるべき仕事」

がはっきりしたことで、

このような変化がありました。

・まず、気持ちがかなり楽になった

あれもこれも、と抱え込んで一杯一杯になっていたので、

やること・やらないこと・やるべきこと

がはっきりしたことで、頭の整理ができて楽になりました。

・仕事の効率があがった

これは当然と言えば当然ですが、やらなくてもいいことが分かったので、

「やるべきこと・これからできるようにならなければいけないこと」

に集中できるようになり、効率があがりました。

・できない自分を悲観しなくなった

「仕事ができない!」と漠然と思っていた時は、

何ができないのかもはっきりしておらず、

「ただただがむしゃらに頑張るしかないんだ。」と思っていました。

しかし「できないこと」がはっきりして、

「これからできるようになるべきこと」が

わかった時には、

少なからず最初の状態の時より、

「できるようになるべきこと」の項目が減り、シンプルになりました。

シンプルになったことで、「できないこと」に思考をめぐらすのに使っていた頭を、

「どうしたらできるようになるのか?」に変換することができました。

・仕事の人間関係が良くなった

「できること・できないこと」をはっきりさせると、

できないことははっきりと

「できないから、教えてください」と言えるようになりました。

※当然、覚える気が無くて何回も聞いてしまうのはNGです

さらに、自分のやるべきことをまず優先し、隙間時間に、他の方の仕事を

手伝えるようになりました。

そうすることで、相手も、自分が忙しい時に手伝ってくれるようになり、

必然的にコミュニケーションがうまれ、人間関係が良くなりました。

まだまだたくさんのメリットがありますが、

キリがないのでここまでにしておきます!

まとめ

いかがでしたか?

私がやったことはたった一つのことだけなのに、

こんなにもたくさんのメリットがあり、

さらに職場の全員から、

「仕事できる人だね!ここにはもったいないくらい」

と最高のお言葉までいただくことができました。

どん底で、「仕事ができない…」と嘆いていた自分が嘘の様です(笑)

そんなどん底の苦しみを知っているからこそ、

「仕事ができない…」と悩んでいる方に

お伝えしなければ!!!と今回の記事を書きました。

嘆いてばかりでは、人生変わりません!!!

ぜひ、人生を変える挑戦をしてください!

筆者が参加したComingUpプログラムにご興味のある方は、

コチラ

無料相談受け付けておりますので、

お問合せフォームよりいつでもお気軽にご相談ください!