ブログ

自由な時間を作るための大切なマインド~時間の犠牲は限界がくる!~

今回のテーマは、“時間について”です。

・時間の作り方が苦手

仕事をしなくてはならないけど、自分の時間も大切にしたい…

・自分の時間を捨ててまで、仕事をしたくない!

というコンサルのクライアントさんがいらっしゃったので、そちらの実例を元に、

まず、時間を作る前に大切な考え方と、時間の作り方についてお話します。

Aさんの悩み<実例>

Aさんは20代で、

本業を持ちながら、好きなことで副業がしたい!

と、コンサルを受け始めました。

彼女の感性はとても素晴らしく、アーティスティックなことがお好きでしたので、副業でまずはデザイナーを始めました。

しかし、問題なのは、納期が遅れがちなこと。

彼女もそこに焦りを感じていたようで、

筆者に相談をしてきました。

「やらなきゃいけないことはわかっているのに、

プライベートの時間も欲しくて、つい後回しになってしまいます。

そして、プライベートの時間を作ることに罪悪感がずっとあります。」

と言われました。

せっかくのプライベートの時間も、罪悪感があっては

気も休まらないし、結局ずっと仕事のことが頭から離れなくて

億劫になってしまう気持ちがとても伝わってきました。

彼女はComingUpのプログラムに参加し、ひしひしと感じていたのが、

「みんなが自分の時間を犠牲にして、やりたいことに向かって
ストイックにやっているのを見ると、

私にはできないなぁ…プライベートも大事だし。

でも、プライベートを優先してしまうと、罪悪感が出てきます。

やらなきゃいけないけど、そこまでやるのは辛い…」

仕事ですので、納期は守らなければなりませんが、

彼女の場合、キャパオーバーで遅れているわけではなく、

明らかにメンタルが影響していると考えられます。

そんな彼女に、二つのアドバイスをしたところ、

とてもスッキリしたそうなので、皆さんにもお伝えします!

こういう方がいたら、

皆さんなら、どんなアドバイスをしますか?^^

その1.プライベートも仕事につなげてしまおう!

これは、TVでも有名なメンタリストDaigoさんが出している本にも

似たようなことが書かれていました。

Daigoさんの場合は、お金の使い方について、

投資するものを仕事につなげる!というようなことを書いていました。

これの時間バージョンですね。

平等に24時間という時間の中で、どのように時間を投資していくか。

Aさんにとって、優先したい大事なプライベートが何であるかを聞いたところ、

色んな芸術や自然・人に触れるという時間

友達を含め、大切な人たちに会う時間

と答えました。

Iさんは本業も副業も、感性が必要とされるお仕事でしたので、

彼女が大事だと思っているプライベートの時間は、

仕事においても必要な時間ですよね。

人の感性は、環境や触れるもの、経験してきたことから出てきます。

つまり彼女の感性は、大切にしているプライベートの時間から出来ているのです。

ですから、まったくもって罪悪感を持つ必要はないのです!

Daigoさんの話に戻ると、

常にどんなことでも「これを仕事にどうつなげようか?」

と考えて行動しているそうです。

プライベートと仕事は完全に別物だ、と思っている方にとっては、

ちょっと受け入れがたい考え方かもしれませんね…

その2.“犠牲”は続かない!

本当に大切なプライベートは条件付きで優先すべし!

次に、Aさんは「大切にしているプライベートの時間を犠牲にしてまでは…」

と言っていましたよね…

はい!大切な時間を犠牲にする必要はありません!!!

ただし、条件付きで。

そもそも、「犠牲にする」という考え方が、Aさんを苦しめていたと思います。

常に”罪悪感”や”犠牲を払って”いる意識がある以上、物事はただの苦行でしかないので、なかなか続けることは難しいでしょう。

ですので、その考え方を変える方がずっと楽になれると思います。

時間は作るもの!正しい時間の作り方

では、先程お伝えした”条件”とは何でしょうか。

まず、彼女の仕事には”納期”というものがあります。

いくら仕事につながるからと言って

納期をほったらかしでプライベートにいそしんでいるのはいけません。

かといって、彼女の感性を形作る大切なプライベートを犠牲にするわけにもいきません。

ではどうするか。

それは

計画をしっかり立てること!

です。

もしも大切なプライベートの予定が決まっているのなら、

納期と逆算して、どのくらいの時間でやるのか、をちゃんと決めます。

もし計画通りいかなかったのなら、どこかで調整日を作る等、

計画通りにいかないことも想定して計画を立てます。

やるべきことができていれば、

プライベートを犠牲にする必要はないのです。

もしもプライベートの時間を増やしたければ、

それ以外の時間をより有効に使う必要がありますよね!

彼女は逆の動きをしていて、

出来ていないから、時間を犠牲にしなければならなかったのです。

そうして計画を立てていると、必然的に出てくるのが、

プライベートで「やるべきこと/やらなくてもいいこと」を決めることです。

Aさんに、

「では、大切なプライベートの時間以外は、すべて仕事に充てていますか?

1つも無駄な時間はありませんか?」

と聞くと、

「いや、家に帰ってダラダラしたり、テレビを見てしまっています。」

まさにこういう時間こそ、削れると思いませんか?

計画を立てる上で、

“やること”も、もちろんですが、
“やらないこと”を決めるのがとても重要なのです!

意外と見落としている方が多いです!

“やらないこと”を決めて、やるべきことに集中し、

時間を作っていくのです。

まとめ

「時間について」

いかがでしたでしょうか。

今上手に時間が使えていない、

と思う方は、是非すぐにでも実践してみてください!